FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独り言ホリデイ

  • 2008/10/05(日) 19:24:31

とある時代、都会とも田舎とも取れぬ場所、
こじんまりとした病院に一人の医者と一人の助手がいた。

ある日その病院に交通事故にあった青年が担ぎ込まれた。
助手から一通りの容態を聞くやいなや
「それは、手遅れだね」
と漏らした。

しかし数日後青年は無事に退院し、不思議に思った助手が医者に尋ねてみた。
「何故あんなことを言ったかって?それを言っとけば死んで当たり前、
助かれば儲けもんってことになるだろう」
などと言い放った。

翌日に男を担いだ若者がやってきた。
「大変だ!親方が足滑らせて屋根からおっこっちまった!」
「そうかい。こりゃあ手遅れだねぇ」
「手遅れ?落ちちまってからすぐ運んできたんだぞ」
「あ、ああ、手遅れだ。落ちる前につれてきてもらわにゃあ」


しかしそれではこの話に落ちがつかなくなってしまう

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。